Join Our Newsletter:

Sign up to get the latest on sales, new releases, and more…

Bueno! Books

THE PLIGHT OF THE TORPEDO PEOPLE

5,616 Yen

POINT 52pt


『ザ・プライト・オブ・ザ・トルピード・ピープル』は、キース・マロイ監督のデビュー映画『カム・ヘル・オア・ハイ・ウォーター)』(の製作にまつわるボディーサーフィンの写真や映像、個人的なエッセイを集めたものである。映画祭で最優秀映画賞と最優秀撮影賞を受賞したこの映画は、ボディーサーフィンの歴史と発展、波乗りという純粋な経験、そしてこのスポーツの美学と文化をユニークな視点からとらえ、そのコミュニティーに存在する人びとや土地の物語を伝えている。この映画の思いがけない人気は、環境問題に敏感な現代の『過ぎたるは及ばざるがごとし』という価値観を反映しているのではないだろうか。すべてのマリンスポーツのなかでも、フィンと波さえあればできるというボディーサーフィンほどシンプルなものはない。『ザ・プライト・オブ・ザ・トルピード・ピープル』は世界最高のサーフィン映像撮影家や写真家、そして今日の有数なボディーサーファーたちによるコラボレーションであり、キース・マロイによる紹介ではじまる本書には69枚にわたるカラー写真が掲載されている。
The Plight of the Torpedo People, by Patagonia surf ambassador Keith Malloy, chronicles the making of the movie Come Hell or High Water, which examines the minimalist sport of bodysurfing.

Hardcover Book

※表示される画像の色は、モニターやブラウザ等によって実際の商品と若干異なる場合がございます。

Size

SizeShare

RECOMMEND ITEMS

CHECKED ITEMS